乳癌 ホルモン治療 副作用

MENU

ホルモン治療の効果と副作用について

乳癌というのは・・・
女性ホルモンの一つエストロゲンの影響によって
ガン細胞が分裂・増殖します。
エストロゲンが乳がん細胞の中にあるエストロゲン受容体と
結びついてガン細胞の増殖を促進させてしまうんです。

ホルモン治療法は薬を用いてエストロゲンのが受容体と
結合するのを阻止し、ガン細胞の増殖を抑える
働きがあります。

ホルモン治療は、癌治療で用いられる抗がん剤と比較すると、
作用も穏やかで副作用が現れにくいのが特徴。

 

でも、ホルモン治療法は、ホルモン感受性乳がんに効果的です。
ホルモン治療が可能かどうかは、ガン細胞の中にあるホルモン受容体の
量を調べればわかります。

 

ホルモン治療法に使われる薬

ホルモン治療法に使われる薬としては、閉経前と
閉経後に使い分けられます。

 

閉経前
抗エストロゲン薬のタモキシフェン(商品名 ノルバデックス)
LH-RHアゴニスト製剤(注射薬)

閉経後
抗エストロゲン薬タモキシフェン(商品名 ノルバデックス)
アロマターゼ阻害薬アナストロゾール(商品名 アリミデックス)
エキセメスタン(商品名 アロマシン)
レトロゾール(商品名 フェマーラ)
抗エストロゲン薬(注射薬)

 

ちなみに私が使っていのは抗エストロゲン薬のタモキシフェン(商品名 ノルバデックス)
です。
乳癌 ホルモン治療 副作用  乳癌 ホルモン治療 副作用
↑ノルバデックス錠20mg ↑タキシフェン錠20mg
注射もあると主治医の先生に言われました。
1ヶ月に一回の投与でいいので手軽で副作用を
見ると怖い感じがして・・・

 

私は、毎日1回ののみ薬を投与しています。

ホルモン治療剤での主な副作用

ホルモン治療で薬を飲み始める時に
薬剤師の方から、ホルモン治療で使う薬の
副作用についてお話がありました。

 

女性ホルモンの分泌を抑える作用があるので
更年期のような症状が出る場合があるということ
でした。

ホルモン治療剤での主な副作用
・ほてり
・のぼせ
・発汗
・頭痛
・肩こり
・気分が落ち込んでイライラする
・不眠
・筋肉痛
・関節のこわばり
・骨密度の低下
など

 

私の場合は、特に体調の変化もありませんでしたよ。
しいて言えば、昼間に眠たくなるというところでしょうか?
あと、少し、イライラするって感じかな?
乳がん ホルモン治療 副作用
ま〜これは、娘の反抗期と重なっているのでそのせいも
あるかもしれないです。

 

乳がん ホルモン治療 副作用私の乳がん初期の症状を詳しく

関連ページ

ホルモン治療の注射の値段
乳癌のホルモン治療には、毎日飲む錠剤以外にも三ヶ月に一度でいい注射もある。そのひようとは・・・