乳癌保険適用治療

MENU

私の乳癌保険適用の治療法とその費用

集団検診で再検査となった私は、乳腺科のある病院を
受診して、自分が乳癌
であると分かりました!

 

その後、治療を開始するわけですけど、どれくらい費用が
かかるのか・・・

 

想像もつかず・・・

 

病気を治すことが先決ですけど、費用のことが心配
たまりませんでした。
乳癌保険適用治療

私の乳癌保険適用の治療法とその費用
再検査にかかった費用・・・83,090円
入院・手術にかかった費用(入院日数9日)・・・208,103円
放射線治療(30回)・・・197,610円
ホルモン治療(3ヶ月に一度通院を5年続ける)一回につき・・・10,000円程度
1年間に4回通院を5年と考えると・・・・200,000円

 

保険適用の治療法ですけど、費用の大きさにびっくりしました。
特に、放射線治療は、毎日毎日同じ時間に通わなくてはならないので
大変!!

保険という保険には入っていなかったので、
30,000円程度の手術費負担と入院費日額2,000円程度しか
保険がおりませんでした。
その他は、自腹です・・・

自分で乳がんになって気づいたことは、治療をしている時は、
出費ばかりで収入が減ってしまうということ!

 

主人が大病になったら、家族が生活していけないんだなと
つくづく思いました。

 

なので、主人と子どもの保険を見直しました。

 

主人は、ガン保険に加入、その他働くことが出来なくても
ある程度の費用が下りる保険に加入。
まだまだ、子供が中学生なので、せめて成人するまでは
生活の基盤が揺るがないような保険に加入しました。
乳癌保険適用治療
子どもは、これからが一番お金のかかる時。
そして、なにより主人が大病をした時の治療の選択肢を
広げるために、家計に負担のかからない保険を
選びました。

 

今の生活に保険費用に負担がかかっては元も子もありませんからね。

 

保険には色々あってわからないという方にはこちら
おすすめです!!
何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】
乳癌保険適用治療

事前にガンを予防できる遺伝子検査サービス「MYCODE」

関連ページ

病理所見と診断書が違っていた
乳癌にも『非浸潤がん』『浸潤がん』があり、『浸潤がん』は、もさらに特徴に応じた組織診断名に分けられる。特徴に応じた組織診断名とは・・・
他の癌と比べると予後がいい
乳癌の腫瘍を摘出したとはいえ、消えないのが再発、転移の可能性・・・乳癌はほかの癌と比べると『予後がよい』とされている癌です。他の臓器に転移した時の症状とは・・・
乳癌になっても入れる保険
一度乳がんと診断されるともう保険には入れないんじゃないか?と思っていませんか?実は、手術後の経過時期やその後の治療経緯に応じて入れる保険があります。万が一の再発・転移に備えて治療の選択肢を広めませんか?
サプリでガン細胞が死滅?
乳がんの腫瘍を取っても再発の恐怖はぬぐえない。では、どうすればいいのか?サプリメントでガン細胞を死滅できるという方法を見つけた!!
乳癌の再発転移
乳癌のしこり摘出手術・放射線治療を終えてホルモン治療を行いながら経過観察している場合、3ヶ月ペースで診察へ行きます。その時必ず行うのが血液検査。実は、この血液検査で乳がんの再発や転移がわかる。
乳がん再発の症状
乳癌治療をしているにも関わらず腫瘍摘出した部分に痛みを感じる・・・もしかして再発?と思って不安で頭がいっぱいになってしまうこともある。楽しい時間を過ごしていてもふとした時に「あ!私乳癌だった」と思いだして、再発を恐れる日々が続き・・・
乳癌再発芸能人
乳癌の治療が少し落ちつくと、襲ってくるのが『乳癌再発・転移』への恐怖。定期検診は行っているもののその恐怖と不安は計り知れない。 再発を乗り越えて元気に頑張っている芸能人の方に勇気をもらおう!!
乳癌は完治するのか?
早期発見早期治療をすれば乳癌は完治するというが表現が少し間違っている・・・ 乳癌は腫瘍を取ればすぐに完治するものではなくある程度、状態を見守る期間が必要なんです。完治と言われる期間は何年なのか?
乳癌手術数ランキング
乳癌の手術数が多い病院をランキング形式で詳しくご紹介します。病院選びの参考にしてくださいね。