乳癌 予後

MENU

乳癌は他の癌と比べて予後がよいとされている

乳癌の腫瘍摘出手術が終わり、一年あまり・・・。
放射線治療が終わりホルモン治療を行っている今、
再発や転移が非常に気になりますよね・・・

 

乳癌の腫瘍と摘出したのにも関わらず、再発したら
「再発=死」では?と思ってしまうけど、
乳房内の再発の場合、温存治療で腫瘍のみを摘出した
場合、次は、乳房切除をするという道が
残されている。

 

乳房を切除しても、今は乳房再建も保険適用内なので
きれいな胸を取り戻すことも可能です。

 

インプラントの挿入だと約30万円くらいでできるそうです。

 

乳癌はほかの癌と比べると「予後がよい」癌だそうです。

 

でも、検査ではわからない微妙なガン細胞のかたまりが、
血液やリンパ管から全身をめぐりどこかの臓器でガン細胞が
大きくなってしまうと他の臓器でも癌を発症してしまう
つまりは、転移ということになってしまうわけです。

 

乳癌が最も転移しやすい部分は、だそうです。

 

私の場合は、乳癌の手術をするときに「骨シンチグラフティ」
で骨の転移を確認しましたが、骨への転移はありませんでした。

 

乳癌手術の後は、定期的な検査を行っていきます。

 

超音波検査やマンモグラフィー、乳腺MRI検査など・・・
特に乳腺MRI検査は、癌を見つけるのに優れているとされている
ので、検査を定期的にすることで転移や再発を早期に見つける
ことができます。

 

私も来月乳腺MRI検査へ行きます!!

乳癌が転移していたら・・・その時の症状とは

人によって症状があらわれる時とあらわれないケースがあるようです。

 

最も多く見られる症状としては、転移している臓器で痛み
生じます。

肋骨に転移している場合・・・胸の奥が痛む
肝臓に転移している場合・・・みぞおちあたりの痛み・右側の腹部の張り
肺に転移している場合・・・息切れ・たんが生じる
脳に転移している場合・・・頭痛・めまい・手足のまひ
など・・・

 

関連ページ

乳癌初期の保険適用治療とは?
乳癌検診が再検査となり、もしも自分が乳がんだったら・・・どのくらいの費用がかかるのか?とても気になりますよね。乳がん初期の私が支払った費用をお教えします。
病理所見と診断書が違っていた
乳癌にも『非浸潤がん』『浸潤がん』があり、『浸潤がん』は、もさらに特徴に応じた組織診断名に分けられる。特徴に応じた組織診断名とは・・・
乳癌になっても入れる保険
一度乳がんと診断されるともう保険には入れないんじゃないか?と思っていませんか?実は、手術後の経過時期やその後の治療経緯に応じて入れる保険があります。万が一の再発・転移に備えて治療の選択肢を広めませんか?
サプリでガン細胞が死滅?
乳がんの腫瘍を取っても再発の恐怖はぬぐえない。では、どうすればいいのか?サプリメントでガン細胞を死滅できるという方法を見つけた!!
乳癌の再発転移
乳癌のしこり摘出手術・放射線治療を終えてホルモン治療を行いながら経過観察している場合、3ヶ月ペースで診察へ行きます。その時必ず行うのが血液検査。実は、この血液検査で乳がんの再発や転移がわかる。
乳がん再発の症状
乳癌治療をしているにも関わらず腫瘍摘出した部分に痛みを感じる・・・もしかして再発?と思って不安で頭がいっぱいになってしまうこともある。楽しい時間を過ごしていてもふとした時に「あ!私乳癌だった」と思いだして、再発を恐れる日々が続き・・・
乳癌再発芸能人
乳癌の治療が少し落ちつくと、襲ってくるのが『乳癌再発・転移』への恐怖。定期検診は行っているもののその恐怖と不安は計り知れない。 再発を乗り越えて元気に頑張っている芸能人の方に勇気をもらおう!!
乳癌は完治するのか?
早期発見早期治療をすれば乳癌は完治するというが表現が少し間違っている・・・ 乳癌は腫瘍を取ればすぐに完治するものではなくある程度、状態を見守る期間が必要なんです。完治と言われる期間は何年なのか?
乳癌手術数ランキング
乳癌の手術数が多い病院をランキング形式で詳しくご紹介します。病院選びの参考にしてくださいね。