乳癌 病理所見

MENU

退院後に医師からもらった診断書と術後1ヶ月後の病理所見が違っていた・・・

私は、病気の診断や治療を行うのは、医師なのだとばかり
思っていました。

 

でも、実は違って、病気の最終的な診断や治療を行うための
最終判断は、『病理医』という医師がするんです。

 

乳癌検査のマンモグラフィーで乳がんと疑わしい組織が
見つかったとしても、確実に乳癌であるとは断定できず、
あくまでも乳がんの可能性という状態です。

 

今、思えば、医師がよく可能性という言葉
使っていたことを思いだします。

 

乳癌だと確実に確定されるのは、病理検査である細胞診、
組織診(針生検)を行い、病理医が採取した細胞や組織を
顕微鏡で見てはじめて「乳癌」と断定されます。

 

医師の診断書は、2週間ほどかかる場合もあるようですが
私の場合は、退院した日にいただくことが出来ました。
乳癌 病理所見
細胞診、組織診(針生検)をして手術となり
保険会社へ提出する診断書を書いてもらったのですが、
医師の診断書では『充実腺管癌』

 

手術後、1ヶ月程度で病理所見がでたのですが、
病理所見では、『乳頭腺管がん』でした。

 

腫瘍を摘出してみないと、癌がどのようなタイプの癌なのか
わからないものなんですね。

乳癌の種類 『非浸潤がん』『浸潤がん』について

『非浸潤がん』『浸潤がん』があり、『浸潤がん』
の中にもさらに特徴に応じた組織診断名に分類
されます。

 

非浸潤がん
非常に早期の乳癌です。
癌細胞が乳管や小葉の中にとどまっている状態です。
そのため、癌細胞が乳管や小葉の中だけで増殖しているため
転移することなく、手術で腫瘍を取り除けば、完治できる癌でも
あります。

 

浸潤がん・・・乳癌全体の約80%を占める
癌細胞が乳管や小葉の膜を破り外へ出てしまうため転移の
可能性が高くなります。
浸潤がんは特徴に応じて病理組織診断名
あります。

病理組織診断名
乳頭腺管がん・・・乳癌全体の約20%を占める
浸潤性乳管がんの中でも最も予後のよいタイプです。
癌細胞がキノコ状に広がって増殖をします。

 

充実腺型がん・・・乳癌全体の約20%を占める
周囲を圧迫しながら、乳管の中身を押し広げるように
増殖していく。

 

硬がん・・・乳癌全体の約40%を占める
しこりの境界がマンモグラフィでは毛羽立っているように
見られることが多い。
はっきりとしこりとして降れる感触がないので触診では
発見しにくい。

 

特殊型・・・まれに発生する非常に特殊なタイプ乳癌
粘液がん・・・乳癌全体の約3%
進行がゆっくりで、ホルモン療法が有効的なタイプです、
しこりが少々大き目でも通常の乳癌ほどは予後が
悪くないのが特徴です。

 

腺様嚢胞(せんようのうほう)がん・・・乳癌全体の約0.1%
まれなタイプの乳癌です。
トリプルネガティブの乳癌に分類されますが、腋窩リンパ節転移が
なければ予後がいいとされています。

 

炎症性乳がん・・・乳癌全体の約0.5〜2%
非常にまれな乳癌で、しこりを認めず、皮膚が急性乳腺炎みたいに
赤くなってしまうのが特徴です。

関連ページ

乳癌初期の保険適用治療とは?
乳癌検診が再検査となり、もしも自分が乳がんだったら・・・どのくらいの費用がかかるのか?とても気になりますよね。乳がん初期の私が支払った費用をお教えします。
他の癌と比べると予後がいい
乳癌の腫瘍を摘出したとはいえ、消えないのが再発、転移の可能性・・・乳癌はほかの癌と比べると『予後がよい』とされている癌です。他の臓器に転移した時の症状とは・・・
乳癌になっても入れる保険
一度乳がんと診断されるともう保険には入れないんじゃないか?と思っていませんか?実は、手術後の経過時期やその後の治療経緯に応じて入れる保険があります。万が一の再発・転移に備えて治療の選択肢を広めませんか?
サプリでガン細胞が死滅?
乳がんの腫瘍を取っても再発の恐怖はぬぐえない。では、どうすればいいのか?サプリメントでガン細胞を死滅できるという方法を見つけた!!
乳癌の再発転移
乳癌のしこり摘出手術・放射線治療を終えてホルモン治療を行いながら経過観察している場合、3ヶ月ペースで診察へ行きます。その時必ず行うのが血液検査。実は、この血液検査で乳がんの再発や転移がわかる。
乳がん再発の症状
乳癌治療をしているにも関わらず腫瘍摘出した部分に痛みを感じる・・・もしかして再発?と思って不安で頭がいっぱいになってしまうこともある。楽しい時間を過ごしていてもふとした時に「あ!私乳癌だった」と思いだして、再発を恐れる日々が続き・・・
乳癌再発芸能人
乳癌の治療が少し落ちつくと、襲ってくるのが『乳癌再発・転移』への恐怖。定期検診は行っているもののその恐怖と不安は計り知れない。 再発を乗り越えて元気に頑張っている芸能人の方に勇気をもらおう!!
乳癌は完治するのか?
早期発見早期治療をすれば乳癌は完治するというが表現が少し間違っている・・・ 乳癌は腫瘍を取ればすぐに完治するものではなくある程度、状態を見守る期間が必要なんです。完治と言われる期間は何年なのか?
乳癌手術数ランキング
乳癌の手術数が多い病院をランキング形式で詳しくご紹介します。病院選びの参考にしてくださいね。