乳癌 手術後

MENU

乳癌手術後の体の状態ってどう?

手術室からは、ベッドで移動。
手術の日の夜は、歩くことはできなかった。

 

手術後は、安静のため少し動けないからか
尿道に管が入れられていた。
そこが違和感だった。

 

次の日の朝には、すぐに取ってもらえたけど
尿道に管は痛い!

 

乗り物酔いが激しい私は、手術室からのベッド移動で
気分が悪くなってしまった。
乳癌 手術後 画像
手術後は、麻酔がきいているせいもあり、頭はぼや〜っと
しているが意識ははっきりしている。

 

私の場合は、手術が終わり、何時間かしたころ
主治医のお医者さんがやってきた。

 

「悪いところは全部取ったよ。
痛いところはないかな?」

 

私は、特に痛みを感じているところは
なかったので
「大丈夫です。」
と答えた。

 

全身麻酔で手術を行ったので、夜は数時間
置きに看護師さんがやってきて私の様子を見て
くれた。

 

改めて看護師さんの仕事は大変なんだなと
気が付いた。

 

入院は、出産以来初めて。
出産のときは、優遇されているから個室。

 

でも、今回は、6人部屋・・・
他人と一緒の部屋で寝ることなんて今までにない!

 

神経質な私は、入院してから眠れない日が続いたけど、
手術をした日は麻酔をしているからか、ぐっすり眠ることが
できました。

 

個室じゃない場合、部屋代が取られることはないけど
やはり、個室がいいと思いました。

 

いびきをかく人や来客者がうるさい人など
人それぞれですから・・・

 

一番びっくりしたのが、ベットの上で携帯で電話を
している人がいたことです!!

 

私の場合、病気になることを想定していなかった
(誰も自分が病気になるなんて思いませんけどね)ので
部屋代などを補助してくれる保険に入ってなかった。

 

万が一家族が病気になったときは、お金のことを
気にすることなくゆっくりと治療ができるように
保険の見直し
をした。

 

乳がん 手術後 画像
↑入院中の窓から見えた景色
さくらがきれいな時期でした・・・

 

乳がん 手術後 画像私の乳癌治療体験記

 

乳癌の手術後の体の状態ってどんな感じ?すぐに歩けるの?記事一覧

 

転んだりして出来た傷は、数ヶ月もすればかさぶたになり、痛みもなくなる。乳癌の手術をした場合の痛みはどうなのだろうか?よく、手術をした人などは、次の日の天候が悪いと「手術跡が痛い」という話を聞いたことがある。私の場合、乳癌の手術をして、1年程度たつけどいまだに時々痛みを感じる。↑私の今の胸の傷跡はこんな感じ時々、もしかして再発したのかも?といった思いが頭をよぎる。でも、先生は、「悪いものは全部取った...

 
 

私は、2年前、乳癌のステージ1で乳房の腫瘍を部分摘出した。乳癌の手術をした部分は、固く今でも押すと痛い( ;∀;)手術前に、手術した方の手では、重いものは、持たないようにと言われたけど、体的には手術前と全く変わらないから、ついつい重いものを持ったり、使いすぎてしまうことがある。そんな時は、腕に違和感があったり、手術した部分がものすごく痛くなったりする。私の場合、胸の痛み=乳癌だったわけで痛みを感じ...

 
 

乳癌の手術をした後は、ドレーンと言われる管を装着することが多いようです。術後は、手術箇所から廃液(リンパ液なども含む)が溜まりやすいので胸にドレーンと言われる廃液を外に出すための管がつけられ菅から点滴のような袋へ廃液が溜まるような仕組みです。私の場合は、廃液の排出もそれほど多くなかったからか、管ではなく注射器の先のようなものを腫瘍を取り除いた部分にさしておき、そこから出てくる廃液をガーゼで吸うとい...

 
 

乳癌の手術後の痛みの原因として、カルシウム・鉄分不足によって痛みが生じるらしいですよ。私は45歳で乳癌と診断されました。乳癌を発症するのは、30代から増え始め、40代50代前半でピークを迎えると言われています。また、このころになると女性ホルモンが減少し始め更年期という症状が出てくる時期でもありますよね。また、ホルモン治療によって更年期に似た症状が副作用として出てくる場合もあります。女性ホルモンは、...

 
 

乳癌と診断され、しこりを取り除けば「乳がんは治る」と勝手に思い込んでいた私。早期発見早期治療なら完治をすることもある病気だけど。私の場合は、完治ではなく寛解にまでしかならない。完治は、病気が完全に治ること。寛解は、病気の症状治まっている状態。万が一だけど再発の恐れがあるということでもある。乳癌になってしまったら、一生乳がんと向き合いながら生きていかなければならないことを痛感した。まずは、毎日毎日通...

 
 

乳がんの検査に引っかかり乳がんと診断された時は本当につらかった。なんで私だけって思った時期もある。胸のある一部分だけが痛いだけでその他は、健康体。こんな体にメスを入れる必要があるのか?手術したら、今の生活が送れなくなるのではないかと不安ばかり・・・でも、やはり、早期発見早期治療を行ったおかげで脇の下の違和感や多少の手術部分の痛みを感じつつもいつもと変わりない生活を送ることが出来ている。そして、考え...

 
 

私もそうですが、乳癌の腫瘍を摘出した場合、どうしても、手術した側の胸の形が悪くなってしまうし傷がつく・・・腫瘍を取り除いて健康を手に入れたのだから仕方がないとも思う。やっぱり女性である限り、体に傷が残るのはとても嫌なこと!!でも、今や胸を切らずにガン細胞のみを摘出する方法があるんですよ!!その乳癌最新治療方法とは・・・<<凍結療法>>切らずに治す非手術的療法で、患部に針を刺し、がん細胞を直接凍らせ...

 
 

保険の種類によっては、乳がんになっても保険が下りない場合があることを知っていますか??私が入っていた保険には、たまたま、女性特有の疾病の保障がついていたので、本当に微々たるものでしたけど、保険が下りたので良かったかな・・・でも、この「女性特有の疾病」という保障、保険会社によっては、乳がんでも種類によっては、保証の対象外になってしまうこともあると保険相談で聞きました。それは、上皮内ガンというガンです...

 
 

乳癌のステージ1では、早期発見。でも、がんは、見つかった段階で、全身転移を起こしている可能性があるそうですよ。そして、そのガン細胞がタンポポの種のように全身に散らばっていることがあるそうです。乳癌が手術のみで治るのは本当にごくわずかです。ほかの治療法と組み合わせていくのが乳癌の治療法でもあります。そこで治療法を考えるために、切除した腫瘍を病理診断医に核のグレードを評価してもらいます。核のグレードと...

 
 

私の場合、浸潤性乳管癌ということもあり、乳癌のしこり摘出手術前に骨に転移してないか検査をしました。乳癌は骨に転移しやすく、最初に転移するのは骨なんだそうです。万が一ガン細胞が骨に転移しているかどうか考えて骨インチ(骨インチグラフィ)という検査をすることにしました。ガン細胞が骨に達して骨髄で増殖をしてしまうことを骨転移といって骨髄にはたくさんの血流があるので転移しやすいそうです。私の場合も万が一のた...

 
 

もしも、乳がん検査で再検査となった場合、乳癌なのか?乳癌じゃないのか?気になってそのことばかり考えてしまうのは、当然のことです。私だって、乳癌の再検査の必要があると言われた時は、乳癌じゃない時の自分と乳癌だった時の自分、色々想像しましたから。でも、こうして今元気に毎日を迎えられているのもしっかりと治療に取り組んだからだと思っています。もし、乳癌であっても元気に過ごせるときがきっとくる。だから、思い...