乳癌 しこり 特徴

MENU

乳癌のしこりの特徴とは?しこりがなくても乳がんと分かる場合もある!

乳癌=しこりと思っていませんか?

 

よく、乳癌のセルフチェックとして乳房にしこりがないか
確かめましょうと言われるくらいですからしこり=乳癌と
思ってしまうのは、仕方のないことかもしれません。

 

でも、しこりが自分の指で触れるのは、しこりの大きさが5mm以上
なんです。

 

私の場合も痛みを感じてしこりに気が付いた時は、
約8oくらいの大きさになってなっていた
ようなので
しこりに気が付くことができた。

 

乳癌と診断されるのは、しこりのある状態で80%
、しこりのない状態で20%
と言われています。

 

しこりのない状態で発見できるのは検診などで
定期に検診を受けている場合です。

 

定期検診を毎年受けていた私でさえ、胸の痛みの段階では
乳癌を見つけられずしこりができてから乳癌と診断された
わけですから。

 

セルフチェックのみで乳癌のしこりを見つけるのは
難しい。

 

でも、毎日のように自分の乳房を見たり触ったりしていれば
何らかの異変には気づくはずです。

 

『乳癌のしこりの特徴』
<乳がんのしこりの特徴>
◆石のように硬い
◆指で押しても動かない
◆痛みは感じないことが多い

 

<良性のしこりの場合>
◆消しゴムのようにやわらかいしこり
◆指で押すとコロコロ動く

 

乳癌のしこりの特徴はあくまでも参考です。
実際に私は、乳癌初期であったにも関わらず
痛みを感じましたし、指でコロコロ動くから
良性のしこりだと思いこんでしまうこともある。

 

乳房の異常を感じたら、乳腺科のある病院へ
行ってくださいね。

 

セルフチェックの方法
乳がん しこり どんな感じか
※ちいき新聞から画像引用

乳癌には3タイプの種類がある

乳癌のタイプには、非浸潤性乳癌・浸潤性乳癌・パジェット病
の3つのタイプがあります。

 

非浸潤性乳癌
乳管内にできたガンが周りの組織に広がらずに
とどまっている状態です。
自覚症状はほとんどないのでセルフチェックだけでは
見つけることが難しくほとんどの場合が検診で見つかります。

浸潤性乳癌
非浸潤性乳癌が進行して周囲の組織に広がり始める状態
です。
この段階になると自分でもしこりが確認できるように
なります。

ちなみに私はこの浸潤性乳癌のステージ1でした。

パジェット病
乳頭や乳房などに湿疹やただれができます。
とても珍しい乳がんのタイプで乳がん全体の1〜2%
程度と言われています。

パジェット病は、乳癌の初期症状であり、皮膚病と間違えやすいので
皮膚の治療をしても症状が改善されない場合は
パジェット病を疑ってみるといいかもしれません。

 

特徴としては、病状が進行していくにしたがって
乳頭が変化して乳輪の境目がはっきりしなくなり
ます。
そして、さらに進行すると乳房全体に湿疹やただれ
が出てきます。

 

乳がん しこり どんな感じか痛みからしこりができて乳がんと分かった私の体験

関連ページ

乳癌のしこりができやすい場所
乳癌のしこりができやすい場所ってあるの?乳房ならどこでもできるの?乳がんのしこりができやすい体質ってある?